まちづくりセンター所長インタビュー - 今も変わらない美しい景色 円山エリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

今も変わらない美しい景色 円山エリア 所長さんに聞きました!「円山」ってこんなところ

Q1. 円山エリアってどんなところ?

自然と都会、両方が
味わえる場所です。

都心から2~3kmの位置にありながら、円山の原始林や北海道神宮の杜など、自然環境にも恵まれている円山は、都会的要素と自然とが共存した地区です。

お花見に来る人は
3万人もいるんです。

円山以外に住んでいる人も、年に何度か円山を訪れる札幌市民は数多くいると思います。その一つがお花見のシーズン。その数は、3万人を超えると言われています。円山のイメージとして"桜の景色"を思い浮かべる市民は多いのではないでしょうか。

円山公園駅は、人気スポットへの
玄関口になっています

長く札幌に住む人は、子供の頃に円山動物園へ訪れることも多かったと思います。また毎年の恒例行事として北海道神宮へ初詣やお祭りへ足を運ぶ市民も数多くいます。札幌を象徴するような、人気施設への玄関口として一年を通じ、円山エリアへ多くの人が訪れます。

Q2. 所長さんが好きな、お気に入り円山スポットは?

364日つづく、
北海道神宮のラジオ体操

北海道神宮の杜、緑豊かな神宮の境内に毎朝響くラジオ体操の音楽。「北海道神宮ラジオ体操会」が中心になって、朝6時半に始まるラジオ体操。円山ならではの、贅沢な場所でのラジオ体操は、一日のスタートを清々しくしてくれます。

紙芝居を囲む子どもの、
懐かしい景色が好きです。

北海道神宮のラジオ体操も、夏休みの時期には子ども達が加わりその数100人以上。ラジオ体操を終えた子ども達は、その後ボランティアの方がよんでくれる紙芝居に真剣に耳を傾けています。かつてはよく見かけた光景ですが、札幌にもこんな懐かしい景色が残っていることをとても嬉しく思っています。

EVENT

人気のあるイベント 幌西

「夏祭りだ裏参道」
 
去年で12回を迎えた、通称「裏参道祭り」。円山では比較的新しいお祭りですが、年々参加する人の数も増え、今や1万人の人が訪れるお祭りに。裏参道にあるお洒落なお店が出店する露店では、大人たちはビールやワインを楽しんでいます。子供向けのイベントとして、スイカ割りやジャグリングなども開催されました。
(主催:裏参道商店振興会)
「神社小路祭り」
大通26丁目から北1条通を北5条通へぬける小道を、かつて"神社小路"と呼んでいたそうで、その名にちなんで名付けられた夏祭り。去年で30年を迎えた、歴史あるお祭りとして知られています。 子供たちによる御神輿や出店、小さな神社と鳥居も登場します。小さい頃に来たこのお祭りに、大人になって足を運んで昔の友達に会うという人も。円山に暮らす人々には、愛着あるお祭りの一つです。
(主催:JCN神社小路祭り実行委員会)
「円山夏祭り・子供盆踊り大会」
円山商店街の旧円山市場周辺で開催される夏の夜のお祭り。 子供仮装大会では、趣向を凝らした衣装と可愛らしい子供たちの踊りで盛り上がります。 入賞者には自転車など豪華な賞品が持ちきれないほど用意されています。
(主催:円山商店街振興会)

Information

円山まちづくりセンター

1階のまちづくりセンターは、イベント情報が充実。地区居住者以外も、住民票・戸籍証明等の取得が可能です。2階の「円山会館」は地域交流の場として、町内会や踊りや音楽等のサークル活動に利用されています。

〒064-0821
札幌市中央区北1条西23丁目1-18
TEL.011-611-3367
◎月曜日~金曜日(年末年始、祝祭日を除く)
 8時45分~17時15分

札幌円山児童公園

まちづくりセンターの横に「札幌市円山児童会館」が隣接されており、地域の子どもが遊べる場所になっています。体育館スペース・図書室等も併設されており、春休み・夏休みシーズンには多くの子どもたちが集まって来て、会館の中に賑やかな声が響いています。

ページのトップにもどる