MARUYAMA LUNCH PALETTE

THE END CAFE

アクセス|地下鉄東西線西18丁目駅5番出口より徒歩2分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • THE END CAFE
    「フレンチトースト」830円(税込)。
    北海道の生乳100%牛乳と無添加の生クリーム、道産卵にこだわったアパレイユにしっかりと漬込み、裏表側面で丁寧に焼いたバケットは、外はカリカリ、 中はトロトロ。全国誌やテレビでも紹介されている絶品メニューです。デザート系・ミール系合わせて全7種類。他にホットサンドもあり。
  • THE END CAFE
    「クリーミーチキンカリー」850円(税込)。
    カナダで学んだ秘伝のレシピ。 ヨーグルトやスパイスに一晩中漬込んだチキンを飴色になるまで炒めた玉ねぎと合わせ、 さらに牛乳と生クリームで煮込んだクリーミー且つスパイシーなインドカリーです。 徐々に食べていくと汗が止まらなくなる不思議感覚のカリーです。 デトックス効果抜群で、徐々にスパイスが効いてきます。 ランチタイムはサラダ付き まろやかな口当たり。
  • THE END CAFE
    「和風納豆スープカリー」950円(税込)。
    納豆、ジャガイモ、人参、オクラ、椎茸、豆腐、エノキ、鶏挽肉、半熟卵、鶏がらと和風ダシのWスープ。納豆と相性が抜群です。 マンスリースープカリーもあり。1,050円(税込)
  • THE END CAFE
    「ガパオと鶏挽肉炒めのご飯」850円(税込)。
    ガパオ(タイバジル)とナンプラが効いた人気料理。ガパオ(バジル)とナンプラーの香りがエスニックです。 ランチタイムはサラダ付き。他に日替わりプレートもあり。(平日のみ)850円(税込)。
  • THE END CAFE
    お食事以外にコーヒー、紅茶などのドリンクも豊富に揃っています。
    店内にはソファ席、テーブル席、窓際にカウンター席と用途によって使い分けられます。 またモーニングタイムの営業やノマドワーカーやフリーランス、サラリーマンや学生などの情報交換や交流の場として、 無料wifiサービス(コンセント利用可)を提供し、男女問わず、訪れやすい環境です。
THE END CAFE

「アンティークな異国風カフェでランチタイム」
南1条通り、札幌医大の正面にあるビル2階。階段を上がってアンティークな扉を開けると、異国のちょっと田舎をイメージするあたたかい雰囲気に包まれ たカフェ。お店の名前はカナダのローカルカフェの店名をとり、「最後に辿り着くカフェ」というオーナー夫婦の想いが込められています。
海外のカフェで学んだ秘伝のレシピのカリーやエスニック料理、フレンチトーストなどバラエティに富んだメニューとミルクをたっぷりに注いだこだわりのカフェやデザートがお楽しみいただけます。

  • 住所札幌市中央区南1条西16丁目1-320 FRAGRANCE医大前2F
  • TEL011-676-7423
  • 営業時間[火~土] 7:30~20:00(L.O.19:30) [日・祝日] 10:30~20:00(L.O.19:30) [禁煙時間] 11:00~13:30
  • 定休日月曜日
  • 席数23席(カウンター・テーブル席)
  • URL http://www.theendcafe.com

ページのトップにもどる